企業が商品やサービスを効果的に販売するための活動はマーケティングと呼ばれており、具体的には市場調査と広告宣伝活動で構成されています。魅力的な商品やサービスを作るためには、市場調査を行って消費者が求めるものを知らなければなりません。アンケートや政府の統計データなどを活用しつつ、年齢や性別など属性ごとの需要を把握します。ターゲットとなる消費者層を特定し新たな商品やサービスを開発したら、広告宣伝活動によって消費者にアピールする必要があります。

優れた商品やサービスを開発しても、消費者に気づいてもらえなければ購買行動につながりません。多くの企業がテレビや新聞、雑誌やラジオなどの媒体を使って広告宣伝活動を行っています。検索エンジンやメール、ポータルサイトやソーシャルメディアなどを使ったWebマーケティングも有効な方法です。他にも交通広告や屋外の看板広告、ダイレクトメールやイベントの開催など様々な方法が存在します。

缶バッジは、コストを抑えて消費者に商品やサービスを認知させることができるノベルティグッズの1つです。ノベルティは商品名などが記載されたグッズで、消費者に無料で配布し毎日使ってもらうことで宣伝効果が期待できます。1898年にはアメリカで、人気キャラクターをデザインした缶バッジが販売促進用に使われ成果を出しています。缶バッジは高額なコストをかけずに大量生産が可能で、アニメなどの人気キャラクターをデザインすれば高い宣伝効果が得られます。

現代でも缶バッジは商品などを消費者にアピールするため多くの企業に使われており、売上の増加に貢献しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です