マーケティングでは綿密な市場調査によって、属性ごとに分類された消費者のニーズを明らかにします。性別や年令、出身地や職業など消費者には様々な属性がありそれぞれが抱えるニーズには違いがあります。商品やサービスを効率的に販売して利益を得るためには、消費者を属性ごとに分類して詳細なニーズを調査しなければなりません。統計データを活用したりアンケートを行うなどにより、市場のニーズを明確化したら新たな商品やサービスを開発します。

綿密な市場調査に基づいて魅力的な商品やサービスを開発したとしても、消費者に興味を抱いてもらわなければ売上増加にはつながりません。商品やサービスを消費者に認知させるため、マーケティングでは様々な方法で宣伝活動を行います。市場のニーズを把握し魅力的な商品やサービスを作り、適切な方法で消費者にアピールして自然に売れる状態にすることがマーケティングの目的です。消費者に商品やサービスをアピールするにはマスメディアを活用したり、Webマーケティングを行うなど様々な方法があります。

缶バッジなどのノベルティグッズを使って販売促進を図るのも有効な方法です。世界で初めて人気キャラクターをデザインした缶バッジが販売促進に使われたのは1898年のアメリカで、売上を伸ばす効果が実証されています。ノベルティは企業名や商品名などが記載されたグッズで、消費者に無料で配布されます。消費者が日常生活において缶バッジをかばんや衣服などに付ければ、自然と商品などをアピールでき販売促進効果を期待できます。

缶バッジのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です