アニメショップやイベント会場など、缶バッジのガチャガチャを見かけるとつい推しのキャラクターがでるまで回したことがある人はいませんか?ガチャガチャは運が絡むので、すぐに推しが出たといいうこともあれば、なかなかでなくて永遠と回し続けるハメになることもあります。推しが出てくるまで回し続けて、やっとお目当てのものが出たときには手元にたくさんの缶バッジが残ったという経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。一般的にはかばんや帽子などに取り付けて楽しむことが多い缶バッジですが、あまりにもたくさんの量をつけてしまうと持ち歩くにも抵抗感を感じてしまうため、取り付ける数にも限度があります。そこで、余った缶バッジを有効活用する方法として、お部屋のインテリアに使用する方法がおすすめです。

ネットショップなどで購入できる専用のコレクションケースに収納してインテリアとして楽しんだり、安全ピンの部分にヒモやボールチェーンを引っかけて壁やコルクボードに取り付けたり、工夫次第で推しに囲まれた幸せな空間を作り出すことができます。また、ビニールバッグにびっしりと缶バッジを取り付けてあえて痛バッグを作ってインテリアとして飾るのも面白いでしょう。気づいたら手元にたくさんあった缶バッチをただ眠らせておくのはもったいないので、バッグや帽子につけたり、ケースに収納してコレクションしたりと様々な方法で楽しむと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です