好きなキャラクターやアイドル、イラストの缶バッジは、カバンや服につけて楽しむことができるアイテムとして非常に人気があります。市販されている缶バッジもいいですが、自分だけのオリジナル缶バッジを作成したいなと感じたら、専門業者に依頼するしかないと思っている方は少なくありません。しかし作る個数が少ないなら、あえて業者に依頼しなくても自宅で簡単に作成することが可能です。作成するために用意するのは、缶バッジに使いたいイラストや写真と、100円均一ショップで販売されている「手作りくるみボタンキット」、伸びるラベルの3つです。

バッジにするイラストや写真をサイズに合わせて印刷し、印刷したものを丸くカットしていきます。くるみボタンキットには型紙が付属してくるのでその大きさにあわせてカットするだけなので非常に簡単です。次にくるみボタンの土台となる金具に伸びるラベルを貼り、少し引っ張り気味にして貼るとシワが出来ないのできれいな仕上がりになります。後は余ったラベル用紙を裏側に折り込んで打ち具に寝返しておき、その上に止め金具をセットします。

裏側に安全ピンを付けることを考えて、穴の向きを調整したらくるみボタンキットの打ち具をその上にセットして力を入れて押し込みます。カチッと音がすれば金具がしっかりハマっている合図なので、最後に安全ピンを取り付けて完成となります。うまく作れない人はコツとして、あせらずにゆっくり丁寧に作成することを心がけましょう。特に伸びるラベルを使用する場面ではシワを作らないように、丁寧に伸ばしながら作業を行うと仕上がりが綺麗です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です