缶バッジは企業や各種施設、イベント会場などで社員やスタッフが業務用として使うシーンはありますが、一般的な感覚では缶バッジは雑貨系アイテムでの用途が多く、あるジャンルのアイテムであればコレクターが存在しているように、貴重なアイテムとして使われていることが多い傾向にあります。企業や店舗運営をしている方は、ノベルティグッズで大量に作ることを行うこともあり、ネット上には普通の通販サイトと同じような感覚で発注できる専門店があります。公式サイトから確認をすると沢山の種類からベースを絞り込み、後は印刷を施すだけなので、大量発注でも問題なく引き受けている専門店は複数社が営業をしています。この缶バッジの用途は、製作依頼者の要望を叶えることができるので、完全にオリジナル品で製作できます。

当然ながら意匠権や著作権に触れないデザインにすることは必須ですが、イラストやデザインを得意分野にする一般の方でも、自分で作ったデザインをそのまま缶バッジに印刷できるので、販売する商品の1つとして発注することも可能です。全国各地には人気の高いデザイナーが実在しており、自分で作成したホームページで独自デザインを施したグッズの数々を販売している方もいます。その中に缶バッジも含めることで、グッズ販売では取り扱いアイテム数が増えることになり、その結果として購入者が増える可能性も十分にあります。このアイテムは専門店であれば印刷のズレや印刷後の色落ちなどを起こさずに、フルカラーで美しい商品作りを完璧にしているメリットと、1個当たりの単価が安いこともメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です