中小企業やベンチャー企業の中で、知名度のアップがなかなかできなくて苦労しているところが多くあると思われます。知名度は業績に大きく影響してくるため、改善しようとするのは当然です。ホームページを使うところが多いのですが、それ以外にも活用できるものは積極的に使うべきです。缶バッジも企業のPR効果が期待できます。

ファッションの一部やコレクションのイメージがあるかもしれませんが、インパクトのものを作ることができれば、PRになることが結構あります。誰がか持っていた缶バッジがネットなどで話題になって、企業の知名度が大幅にアップしたケースがあるので検討してみてください。ただ、缶バッジであれば何でもいいわけではなく、インパクトのあるデザインで興味を持ってもらえることが大事です。製作を依頼する際は、クオリティの高いものを作ってくれるところを選ぶことが大事です。

デザイン力や要望をしっかり応えてくれるかなどを比較して選ぶべきです。また、缶バッジを配るターゲットを誰にするのかということも重要なポイントです。若い世代や子供に人気が高いため、ビジネスマンに配っても意味がありません。ビジネスマンは缶バッジを使う機会はほとんどないため、誰に使ってもらうかに関しても気をつけないといけません。

せっかく良いものができても、配る人を間違えてしまえば無駄な費用になってしまいます。企業のPRのために配ることをしっかり考えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です